Sponsored Links

STEP5(締め導入)>友人

結婚式スピーチSTEP5:導入:友人

結婚式スピーチ:締めへの導入の「友人」の文例です。

新婦を褒めるときは「キレイ」より「カワイイ」のほうが親しみを感じます。
新郎は(初対面でも)いじりネタにつかってもある程度はOKです。

また、最後には
「□□(新婦)さん、○○(新郎)くんをよろしくお願い致します。彼は頼りがいのある、ほんとにいい男です。」
など、新婦(新郎)に、友人の新郎(新婦)をお願いするパターンも上手く使えます。親しい友人の場合、私にも誰か紹介して!ってのも上手く使えます。

「二人の新居に遊びに行かせてくださいね。」
というのも、結構使える結婚式スピーチでの締めへの導入文句です。

→文例@へ

→文例Aへ

→文例Bへ

→文例Cへ

→文例Dへ

STEP5(締め導入)>友人

結婚式スピーチSTEP5:導入:友人@

結婚式スピーチ:締めへの導入の「友人」の文例@です。

●私は○○さんの友人であることを誇らしく思っています。学校を出てからは違う道を進み始めましたが□□部時代と同様、今でも大切な仲間でありライバルです。…そしてそのライバルには先を越されてしまいました。

→STEP6へ

STEP5(締め導入)>友人

結婚式スピーチSTEP5:導入:友人A

結婚式スピーチ:締めへの導入の「友人」の文例Aです。

●○○が□□さんのような素晴らしい女性(男性)を生涯のパートナーに選んだことは、私にとっても大きな喜びです。早く私も、追いつかなくちゃと焦っています。

→STEP6へ

STEP5(締め導入)>友人

結婚式スピーチSTEP5:導入:友人B

結婚式スピーチ:締めへの導入の「友人」の文例Bです。

●仲間内で一番結婚が遅いだろうなんて言われてた○○。それがこんなきれいなお嫁さんをもらっちゃうんですから。□□さん、あとでお友達なんか紹介してくれたらたいへんありがたいんですが…。

→STEP6へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。